NEWS新着情報
2023/01/01

ハッピーバースディ 2月2日 シネマチュプキタバタさん

物語 山口県萩市の市営住宅で、母(メイ)と、母の再婚によって兄となった海と、三人で暮らすフィリピン人ハーフの高校二年生の阿武マリ。マリには、育ての親として一時、一緒に暮らしていた、二木宏太郎という、若い父がいた。二木は事件をおこしたことで、マリと一緒に生活できない環境にいた。愛情表現のうまくいかない、メイとマリ。マリは学校でも、友人たちとうまくいかず、マリを心配しすぎる兄の存在もうとましく、育ての父が経営するゲストハウスに身を寄せるようになる。マリの誕生日にゲストハウスに集う、萩の仲間たち。マリは、自分の気持ちを確かめるように、新たな一歩をふみだす。

ハッピーバースディ予告

 

 

=物語の背景と萩ツインシネマ=

ツインシネマと、萩の高校生との出会いから、血のつながりのない優しい 家族の物語ができました。

 主人公は、現役の山口県立萩高校のフィリピンと日本のハーフの女の子、マリちゃん。
 マリちゃんの育った環境は、映画とは少しちがうけど、萩の街にしっかり根をおろした異国の風が、
 マリちゃんの全身からあらわれる、彼女自信しかできない表情となって、物語に引き込まれます。

 マリちゃんに会いに来てください。

​​​​​​

東京公開 東京都北区田端 シネマチュプキタバタさん

2月2日(木)~14日(火) 

 18時45分より 1時間40分

   8日(水)はお休み

   
   東京の上映が無事できましたら、大阪、広島。を順次上映をお願いする予定ですので、ぜひ、応援してください。