MANAGER NOTE支配人 おふのーと

デートや観光でご来館なさるお客様はご覧ください

日本一映画の知識のない支配人の日本一遅い映画情報

萩ツインシネマ支配人の柴田寿美子です。髄まで昭和のたたずまいでやっております。18歳のころ「映画!?お金もったいない」と口から出た言葉に懺悔の日々で数十年。映画と共に田舎劇場の日常をつぶやいて参ります。

  • ワイカムって、すこい文化施設なんだよ

    2021/08/19
    萩ibasho映画祭、前日に、 支配人は 何をしてるんだって、話なんですよ。    じいちゃんの、病院で山口市へ。 ワイカムの、中のベンチで 映画祭の栞原稿つくってる。直前まで、脳内のものをアウトプットし続けるのがすみちゃん流。 注 決してよゐこは、真似しないでね。
  • 第二回萩ibasho映画祭前日

    2021/08/19
    先週、大雨だったのもひとつの理由であるが、 本日、看板撤去工事が始まる模様。 土曜日は、映画館に朝から足場を組むらしい、劇場の中、なんだよ~。そのまま3日くらいいくらしい。 笑うしかない。ごめんなさい。ツインシネマのチカラでは、どうにもならない、 これが、ツインシネマの生きる道、100年かけて。

観光やデートで映画館のご利用をお考えの方が安心して映画館を選ぶことができ、充実した時間を過ごしていただけるよう、支配人がブログから様々な情報を発信しています。案内している各種対応の様子や対応しているスタッフの様子等、どれも見応えがある内容を配信していきます。そのため、レトロな映画館に行きたいというお考えの方も参考にしていただける内容です。
幅広い作品を放映しているレトロな映画館の雰囲気を知ることができないと不安に感じられる方も多くいらっしゃいますので、様々な情報を明瞭化させることに努めています。各種詳しい解説や日常的な風景、スタッフの紹介等、趣向を凝らせた情報の数々を配信しており、ブログをご覧になることでより萩ツインシネマのことを知っていただくことができます。映画館にお越しの際はぜひブログをご覧ください。